読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book review

what you see is all there is

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

☆☆☆

上田 閑照『私とは何か岩波書店〈新書〉,2000年.と同タイトルで気になり読了.
「個人 individual(=分けられないもの)」 から「分人 dividual」というコンセプトの発想は面白い
こう考えたら,少し楽に生きられるのでは?という本

『私は,彼の前での私が,「本当」の私だと,本質を規定されることを窮屈に感じた.』(:34)

僕が属性に束縛されたく無いことに拘る理由も,窮屈に感じるから.

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス